アフィリエイトは終わったビジネスって本当?真実を専業目線で語るよ!

こんにちは。ひろとです。

最近巷では、

アフィリエイトは終わった

アフィリエイトはビジネスとしてもうダメだ

と言われていますね。

 

しかも、あの有名な「イケハヤ」さんや、その他大御所アフィリエイターさえも口をそろえて、もう終わったって言ってるんです。

 

上記の通り、アフィリエイトは厳しい、オワコン、終わったと散々言われています。

このお二人は特に有名なアフィリエイターなので、これらツイートを見て、ショックを受けたブロガーは多いのではないでしょうか?

 

ただ・・・

ただ、アフィリエイトの中をよく見てみると、終わったと言われつつも、継続的に月100万円以上稼いでいる人や、新規でアフィリエイトを取り組もうと考えている人がたくさんいます。

「アフィリエイトはオワコン」と騒がれ続けているにも関わらず、です。

それが意味することは何か?そして、本当にアフィリエイトはもう終わってしまったのか?

 

ひろとひろと

この記事で専業アフィリエイターであるひろとが真実を語っていきたいと思います。

アフィリエイトは終わったのか?それともまだ稼げるのか?

結論から言います。

「SEOアフィリエイト」は終わりを迎えつつあります。

 

どういうことかというと、Googleなどの検索エンジンからアクセスを集めて、ブログを見てもらって、記事の中でアフィリエイト商品を成約する・・・っていう従来のSEO(ブログ)アフィリエイトでは、稼ぎにくくなってきたということです。

つまり、SEO対策をしていくだけのブログでは大きく稼ぎにくいし、稼げたとしても長期的に稼げるわけではなくなってきたということです。

ひろとひろと

ブロガーにとっては厳しい現実ですよね・・・

 

では、なぜSEOアフィリエイトでは稼ぎにくくなったのか?終わったと言われるのか?

その理由を述べていきたいと思います。

SEOアフィリエイトが終わった2つの理由

SEOアフィリエイトがかなり厳しい現状になっている理由は大きく分けて2つあります。

理由①:潤沢な資金を持つ企業が参入してきたから

理由②:SEOアルゴリズムのアップデートが頻繁に行われるから

上記の理由を1つずつ詳細に記載していきます。

理由①:潤沢な資金を持つ企業が参入してきたから

一つ目の理由は、企業がSEOアフィリエイトに参入してきたからです。

しかもその企業達は、有名であり、かつ、潤沢な資金を持つ大企業ばかり。

例えば、

 

小学館

 

サイバーエージェント

 

エイチーム

 

彼らのような莫大な資金を持つ大手企業がサイトやブログを立ち上げて、アフィリエイトを開始してきたのです。

なぜ彼らがアフィリエイトに参入してきたのかというと、資金を使えばアフィリエイトで稼げることに気付き始めたからです。

・SEOにお金を使う→被リンクが集まる

・魅力的なサイトを作る→差別化されたデザインが出来上がる

・記事をプロに書いてもらう→権威性が備わった記事ができる

上記の通り、お金を使えば、SEO的にもブログデザイン的にも、ブログの質的にも、かなり稼ぎやすい環境が手に入ります。

だから、大手企業が続々とSEOアフィリエイトに参入することを表明するようになった。大きな金額を稼げることに気付いたから。

この流れは止まらないですよ。続々と力を持った大企業がSEOアフィリエイトに参入してきますよ。

これが、SEOアフィリエイトが終わったと言われるようになってきた一つ目の理由です。

理由②:SEOアルゴリズムのアップデートが頻繁に行われるから

また、近年のSEOは頻繁にアルゴリズムのアップデートを行うようになりました。

ひろとひろと

記憶に新しいのが2017年の健康アップデート

 

権威がない実績がない素人が書いた個人のアフィリエイトブログやサイトは次々と圏外に飛ばされていきました。

なぜそんなことが起こったかというと、間違った情報が書かれたブログやサイトを検索上位にしてしまうと、読者が間違った情報を正しい情報と誤解してしまうためです。

 

特に健康系の場合だと間違った情報を信じて、悪質なサプリメントを買ったりして、逆に不健康になって人体に影響を及ぼすかもしれないですよね。

そんなことはあってはなりません。だから、健康系のジャンルは「権威」のあるブログだけを上位にするようにGoogleが設定してしまったんです。

 

そして、これは健康系だけではありません。他のジャンルでもこれからますます、権威性があるブログ=素人ブログ以外のブログが上位に表示されるようになります。

なので、Googleのアップデートが頻繁に行われるようになった結果、SEOアフィリエイトが終わったと言われるようになった。

それが有名なアフィリエイターがこぞってSEOアフィリエイトオワコン説を唱える理由です。

アフィリエイトが終わったと言われる中、生き残る方法

以上のように、SEOアフィリエイトは終わったと言われるようになりましたが、その中でも生き残る方法があります。

それは、大きく分けて以下の二つの方法を取ることです。

生き残る方法①:権威性を出す

生き残る方法②:企業が参入しにくいジャンルに参入する

生き残る方法①:権威、実績を出す

Googleアップデートの影響で権威性がない・実績がないブログは検索下位に追い込まれやすくなったという話をしましたが(健康アップデートの話のところです)、それだったら権威性・実績を出せば問題を解決することができます。

つまり、

ひろとひろと

自分はその分野でこういう実績があるんだよ。

ってことをブログ内で伝えるようにすればいいんです。

 

例えばプロフィールとか、例えば記事内とか、そういったところで、しっかりと実績があることを記載すればいいんです。

そうすれば、Googleがあなたのブログは権威があるブログだと認識してくれて、検索上位に入りやすくなります。

なので、実績があるなら実績を記載すること。

これを意識してください。

 

実績がない場合は?

ただ、中には自分が攻めているジャンルでは、実績なんてないよ・・・って方もいらっしゃるかもしれません。

そういう場合は、

  • そもそも権威や実績があるジャンルに参入する
  • 権威が付く努力をする。権威が付いてからそのジャンルに参入する

これで解決するかと思います。

 

どちらにせよ、権威がないとこれから先は大変な思いをするので、まずは権威を作ること、実績を生み出すこと。これを意識してみてください。

生き残る方法②:企業が参入しにくいジャンルに参入する

次の問題は大企業が参入していて勝てないって問題がありましたが、それだったら大企業が参入しにくいジャンルに参入したり、ブログを作ったりするのもありだと思います。

例えば、

 

赤裸々に商品のレビューを語っていくブログ

とか良いと思います。

大企業ってクレーム防止とか、企業同士の良好な関係を保つために、あえて商品の悪い点を深くツッコミをしなかったりするんです。

本当は、こんなデメリットがあるのに言わなかったり、本当はボロクソ言いたいのに言わなかったり。

そういったケースって結構あるんです。

 

なので、僕達アフィリエイターがそこをしっかりと発言してあげて、差別化を図る。

これぞまさに、個人ブロガーだからこそ、できる技ですよね。

 

 

企業が参入しにくいジャンルを選ぶ

あと、企業が参入しにくいジャンルに参入するのも一つの手です。

例えば、ア〇〇トとか、ギャン〇ルとか、収益率が悪そうなジャンルとか。

※収益率が悪そうなジャンルっていうのは、例えばAmazonのアフィリエイトだけのブログ(Amazonのアフィリエイトは売上の数%しかもらえない。例えば1万円の商品を売って300円の利益など)とか、アフィリエイト報酬3000円以下の報酬しか得られないジャンルとか。そういったジャンルは大きく稼ぎにくいので企業が嫌います。

 

なので、そういった企業が参入しにくいジャンルに参入するのがコツです。

そうすれば、個人ブロガーだけがライバルになるので、勝てます。勝負できます。

そういったところを狙いましょう。

アフィリエイトは終わったワケではない。まだまだ戦える

以上のように、SEOアフィリエイトは確かに厳しくなりました。終わったと言われるようになりました。

しかし、アフィリエイトで戦うジャンルやブログさえ間違えなければ、まだまだ戦うことができそうです。

 

それに、アフィリエイト市場は今も伸び続けています。

2016年のアフィリエイトの市場規模は、2006億円だったのに対して、2020年には「3500億円」まで急成長すると言われています。

「アフィリエイト市場が増進 2020年には3,500億円規模に拡大との予測も【矢野経済研究所調査】」

 

つまり、SEOアフィリエイトはまだまだ稼げるし、成長するし、戦えるんです。

なので、あなたも是非SEOアフィリエイトを始めてみませんか?

 

もし、SEOアフィリエイトを始めたい!

アフィリエイトで稼ぐ方法を知りたい!

って方は、アフィリエイトの始め方、稼ぎ方を以下のレポートにまとめておいたので、参考にしてください。

 

3500人に見て頂いた、「ブログアフィリエイトの教科書」です。

あなたのお役に立てると思うので、是非見てみてください。

 

それでは、今日はこの辺で!