価値を生み出すコンテンツの作り方について&綺麗事を言わない勇気について

こんばんは。hirotoです。

今回は「価値のあるコンテンツの生み出し方」 ということで、話をしたいと思います。

あなたが価値あるコンテンツを生み出すヒントになれば嬉しいです。

僕は綺麗事が嫌いだ

いきなりですけど、僕らは普通に生きていたら、仕事でも、プライベートでも、なんでもそうですが、綺麗事を目にしますよね。

  • 努力は必ず実る
  • 明日は良いことがあるよ
  • 挫折こそ成長のチャンス

など。

例えば上記はこの業界でもよく言われると思いますが、僕自身は正直、綺麗事を言うのが好きではありません笑

なぜなら綺麗事は誰でも言えるからです。

hiroto

誰でも言えることってデメリットが多いんですよ。

というのも、誰でも言えるということは、供給が大量にあるということであり、供給が大量にあると需要と供給の原則に従って、価値は低くなるので。

価値が低くなると、綺麗事を言っても、人の心には刺さりにくく、人の心に刺さらないということは、

「相手に貢献したい」
「相手に喜んでほしい」

など、

実際の「綺麗な事」さえ実現しにくくなるわけです。

そして、綺麗な事が実現せずに、相手が反応してくれないと、

「せっかく君のことを想って言ったのに!!」「やっぱり人に親切にしても意味がない!」

など、真逆の自体になりかねないんですよ。
(頼んでもないのに勝手に言い出した癖に、です。)

つまりですよ、綺麗事を言うがために、実際の綺麗な事が成り立たなくなる上に、逆に「汚い考え方」になる可能性が生まれてしまうんですよ。

それ、恐ろしくないですか?笑

綺麗事を言うということは、自分は綺麗な事を望むわけなのに、実際には実現せず、逆に汚い考えになってしまう可能性がある…

これ、誰にでも当てはまる可能性があるわけです。僕もなるかもしれないし、あなたもなるかもしれない。ね?恐ろしいでしょ??

だから僕は綺麗事は言いたくないわけです。

でも意外に綺麗事が正しいことも多い

でも、現実としては、

綺麗事には確かに「真実だなー」と感じることもたくさんありますよね。これは伝えるべきだなと思うこともたくさんありますよね。

そして、僕だけではなく、
あなたにも、
友人にも、
世間の人にも、
「自分が信じる綺麗事」があるでしょう。

だから、綺麗事を完全に排除することが正解なわけではない。

なので、僕は、ある工夫をしています。

綺麗事を「恩恵がある事」に変えること

僕が綺麗事を完全に排除しないためにしている、あることとは、

綺麗事が綺麗事ではなく、「実践すると恩恵がある事」になるように、根拠を見つけていくことです。

例えば、ある特定の綺麗事を信じたいなら、

  • 自分が「ああ、これは本当だったんだな」と思える出来事に出会うように、それを日々実践し、
  • そして、
  • 綺麗事に関して、自分の中で納得できるロジックを組み立てられないか?日々考えることを意識していくわけです。

するとどうなるか?

どこかのタイミングで、自分で納得のいくロジックが生まれて、以下のようになります。

綺麗事を実践すると、良いことが起きるロジックを見つける

実践する

良いことが起きる

そうです。今まで「疑っていた」綺麗事が、実際に「恩恵がある事」に変わっていくんです。

すると、どんなメリットが生まれるのか?

メリット①:供給が減る

綺麗事を「恩恵がある事」に変化させると、それを主張した場合、供給が一気に減っていくメリットがあります。

なぜか?

  • お客さんのために動け
  • 因果応報を意識しろ
  • 人を差別するな

などなど、綺麗事を感覚ではなく、ロジックで説明できる人が少ないからです。

多くの人は、上記をロジカルに語れないはずです。綺麗事は当たり前のこととして、考える対象とされていないので。
(例えば、人助けをすべき理由。勉強をしなければならない理由を聞いても、「そういうものだから。」と言われて無理やり納得されて大人になって疑問にすら思わなくなるのです。)

だからこそ、

逆に綺麗事を、腑に落として、他の多くの人も腑に落ちるロジックを設計できると供給が減っていくのです。

供給が減れば、価値は高まりやすくなるので、結果として読者が話を聞いてくれやすくなります。

メリット②:「恩恵がある」と分かれば、皆実践したくなるから需要が生まれる

綺麗事をロジックで説明出来たら、先程も言ったように、「実践すると恩恵がある事」に形が変わりますよね。

お客さんのために動くと、こういう理屈で自分にもメリットがあるんだ。

みたいに。

そして、多くの人は、

「できるなら綺麗な人生を歩みたい」と考えているはずです。でも現実は実践しても理不尽な目に合うし、辛いことも起こりうる。だから、「綺麗事は理想論」として結論付けられるわけです。

でも、もし綺麗事が「本当に良いことがある事」とロジックで分かれば。綺麗事を実践すると得すると分かれば、

「疑いを晴らして実践」できます。

そしてそこには多くの需要があるわけです。

供給は少ないのに需要がある状態へ

以上の説明の通り、「綺麗事→恩恵がある事」に変化させられれば、供給が少なく、需要は多いから価値を生み出すことができます。

価値がある話は当然、相手も良く聞いてくれます。

だから、僕は綺麗事を言うのが嫌いなのです笑

だって、綺麗事じゃなくて、「実践すると恩恵がある事」を語った方が、自分もメリットあるし、相手も価値を感じる話ができるし、結果、両者得するので。

なので、綺麗事ではなく、「実践すると恩恵がある事」を話したいのです。

ネットビジネスに応用する

ただ、上記までで解説したような人類全般に共通する綺麗事は、少しスケールが大きく、実践が難しいかもしれません。

しかし、ことネットビジネスに関して言えば、実践はさほど難しくありません。なぜなら、商売の性質上、商人と顧客には共通の目標があり、同じ方向を向いて話ができるからです。

例えば

稼ぐ系のビジネスなら、商人は「顧客に成果を出させたい」と考えているし、顧客は「成果を出したい」と考えているから、目標が共通しています。

目標が共通しているなら、後は業界でよく言われる、

  • 自己投資しろ
  • 価値を提供しろ
  • ギブしろ

などの綺麗事や常識を、「実際に恩恵がある事」にロジックで結びつけてあげればいいのです。

例えば、

  • 自己投資が大切な根拠
  • 価値を提供する必要性
  • ギブすべき論理的理由

など、巡り巡って自分に返ってくる根拠を付け足していくのです。

そうすれば、何度も解説してきた通り、需要と供給の関係より、情報発信の価値、コンテンツの価値を上げることができます。

コンテンツの価値を上げることで、自分の話を聞いてくれて、実践してくれて、成果を出してもらうことに繋がって、綺麗な事が本当に起こります。

なので、ぜひネットビジネスに今回の話を応用してみてください。

皆が言っているような綺麗事、常識を言わない勇気を持ちましょう。

ちなみに

ちなみに、この業界では、「根拠を語れ」とよく言われますが、根拠を語るのは納得してもらうため「だけ」ではないことが今回の話を聞いて分かってもらえたと思います。

根拠を語ることで、

その他大勢の人たちの「曖昧でそれをして自分が得するか分からない主張」から抜け出せることも大きな理由の一つなんです。

なので、常に

・その主張は供給過多じゃないか?
を意識して情報発信していきたいですね。

ちなみに②

ちなみに②ですが、今回の記事では、「僕が綺麗事を発信したくない理由」を語りましたが、そもそも綺麗事って結構多くの人が嫌いですよね。

でも、綺麗事が嫌いなんだけども、その理由って、なんとなくは分かっていても、

これだ!

って言語化できていなかったりしますよね。

だから僕は今回、供給と需要の話をして、

「供給が多いから価値が低いんだ。」と、綺麗事が嫌われる理由を「価値の低さ」という観点から解説してみました。
(他の観点で語っても面白いと思います。)

hiroto

するとどうなるでしょうか?

僕が伝えたかった一番のメッセージである、

価値を生みたいなら、周りと同じこと話していても意味ないよ。それが例え正しいことでも角度を変えて、供給が少ない語り方しないと価値生まれないよ。

というメッセージを咀嚼し、腑に落としてくれやすくなるんですよ。

だって、自分が綺麗事のように供給過剰な話をして、価値を生み出せないのは嫌だから。

でもこれが、いきなり、

価値を生みたいなら、周りと同じこと話していても意味ないよ。それが例え正しいことでも角度を変えて、供給が少ない語り方しないと価値生まれないよ。

な~んて言っても、「周りと同じこと言っている」 と思われて真剣に聞いてもらえません。

だから真剣に聞いてもらう土台を作るために、事前に供給を減らして(綺麗事のロジック化の話をして)、価値を上げたわけです。

それをすることで、伝えたかった主張を深く噛みしめてもらえるので。

一応、ここでも供給を減らす実践をしているんですよ笑


・・・と、いうことで、大体伝えたいことは伝えられたと思うので、今回の話はこれで終わりにしたいと思います。

少し難しかったかもしれませんが、大事な話をしましたので、ぜひ何回か読んで自分の血肉にして頂ければと思います。

hiroto

無料!期間限定プレゼント

ネットビジネスにおいてセールスライティングは非常に重要なものですが、ほとんどの人は「書きたい文章」を書くことに夢中で「売れる文章」を書いていません。

売れる文章を書くことこそ、ネットビジネスで成果を出す秘訣なのに、です。

そこで現在新たに発行を始めた僕の無料メルマガをご登録頂いた方には、普段、僕が意識しているセールスライティングのテクニックを動画にて解説することにしました。脳科学を中心にしたノウハウなので、新たな知見が得られると思います。

動画では以下のことを話しています。

・意思決定の際、脳はどう動くのか?
・脳に訴えかけるセールス法とは?
・脳が決定的に反応する6つの刺激
・感情をズバズバと動かす4つの方法
・なぜ人は衝動買いをしてしまうのか?
・etc

極めて大切なことを語っていくので是非ご覧になってみてくださいね。動画は以下の画像をクリックしてダウンロード可能です。

LP

関連記事

  1. ネットビジネスはTTPしまくると上手くいく件
  2. 「勉強に時間がかかる&理解が遅い」そんな悩みを解決し、インプット力を強化する方法
  3. 【アフィリエイトを再定義してみた】日常とアフィリエイトを融合し、相乗効果を生み出し続ける方法
  4. 面白いコンテンツの作り方!ホラー映画が一定の需要がある理由も分かるよ。